MENU

高齢出産で子宮がんのリスクが減るって本当!?

高齢出産の場合、ガンの発症や赤ちゃんへの負担が高まると言われているので、子宮がんもリスクが高まるのでは?と思うのが普通です。

 

しかし、南カルフォルニア大学ケック医学部の予防医学では、30代・40代で赤ちゃんを産んだ人は、子宮体ガンのリスクが下がるという研究結果を発表しています。

 

30〜34歳で出産した場合は17%減少し、35〜39歳で出産した場合は32%減少し、40歳以上で出産した場合は44%もリスクが減少したそうです。高齢出産というと、全て悪いイメージがありますが、子宮がんのリスクを下げる効果があるというと、高齢出産に希望を持つことができるという方も増えるのではないでしょうか?

 

この研究から、高齢出産のメリットにつなげられるとして期待されているので、今後、子宮体ガンの細胞を取り除くことができるようになるかもしれないという希望も出てきます。

 

リスクが下がるというだけで、全ての方の子宮がんの発症を抑えることではないということは自覚しておくことが大切です。

 

また、リスクが下がるということを良いことに、生活習慣を厳かにして食生活も不規則であっては、ガンの発症率を高めてしまうので、普段の生活習慣や食生活を見直し、正しくしていくことも心がけていきましょう。

関連ページ

高齢出産で乳がんリスクが高まるって本当!?
ガン・乳がんは、体格や生活習慣に大きく関係あります。高齢出産も、乳がんリスクを高める1つであり、35歳を過ぎてからの妊娠・出産は、母子ともにリスクが掛かるので、しっかり考えたうえで出産を決めていきましょう。
高齢初産のダウン症リスクってどのぐらいなの?
高齢初産のダウン症のリスクは、35歳以上だと290人に1人という確率のようです。しかし、ダウン症は年齢に関係なく誰からでも生まれてくる可能性はあり、その確率をどう受け止めるかはそれぞれの妊婦さん次第なります。出産前に、赤ちゃんの状態を検査することもできるので、心配な方は検査する方法があります。
2人目の場合は35歳以上の出産でもリスクはないの?
35歳以上で2人目を出産するとなると、経産婦扱いで安心されがちですが、染色体異常や先天性異常のリスクは変わらず、年々高くなっていきます。経産婦は、妊娠時の生活や出産の流れを理解しているので、出産がゴールではなく産後の計画も考えることができ、心にゆとりをもって生活することができます。