MENU

2人目の場合は35歳以上の出産でもリスクはないの?

35歳以上の初産は、母子ともにリスクがあると言われていますが、
2人目の場合になると、リスクは減るように感じます。

 

2人目以降の出産であれば、
35歳を過ぎていても高齢出産の対象として見られないケースは多く、

 

初産ではなく経産婦だから問題ない!

 

と思いがちですが、母体と身体的な負担が初産時に比べて少なくなるだけで、
実は、初産でも経産婦でも、赤ちゃんの染色体異常や先天性異常・奇形のリスクは変わらないと言われているのです。

 

1人目を出産し、3〜4年間を開けてしまと、子宮の広がりや子宮口の開きやすさ、骨盤の柔軟性は薄れてしまい、初産と大して変わらない負担がかかってしまいます。

 

1人目から1〜2年の間に2人目の出産をすれば、
ブランクなくスムーズな出産をすることができるようです。

 

また、35歳以上になると卵子の老化だけではなく、身体の老化も気になります。

 

妊婦健診などは小さな病院でも良いと思いますが、
お産する病院は小さな病院ではなく、何かあったらすぐに対応してくれる大きな病院で出産するのがおすすめです。

 

経産婦は何かと安心されがちですが、
妊娠中やお産の流れを経験しているということなので、染色体異常のリスクは変わらず年々高くなるということを覚えておきましょう。

 

関連ページ

高齢出産で乳がんリスクが高まるって本当!?
ガン・乳がんは、体格や生活習慣に大きく関係あります。高齢出産も、乳がんリスクを高める1つであり、35歳を過ぎてからの妊娠・出産は、母子ともにリスクが掛かるので、しっかり考えたうえで出産を決めていきましょう。
高齢出産で子宮がんのリスクが減るって本当!?
高齢出産というと、ガンになるリスクが高まるイメージがありますが、子宮がんの場合はリスクを減らすことがわかっています。高齢出産は子宮がんにならないというわけではなく、リスクを減らす効果があるだけなので、普段からガン予防できる生活を意識していきましょう。
高齢初産のダウン症リスクってどのぐらいなの?
高齢初産のダウン症のリスクは、35歳以上だと290人に1人という確率のようです。しかし、ダウン症は年齢に関係なく誰からでも生まれてくる可能性はあり、その確率をどう受け止めるかはそれぞれの妊婦さん次第なります。出産前に、赤ちゃんの状態を検査することもできるので、心配な方は検査する方法があります。