MENU

高齢出産のリスクをまとめてみました!記事一覧

近年、ガンの発症率が高まっており、乳がんの発症率も高くなっていて、現在では、12人から16人に1人の方が1度は乳がんを発症しています。乳がんになりやすい人は、初潮が早い月経周期が規則正しい月経周期が短い閉経が遅い出産経験がない高齢出産の経験がある太っている家族に乳がんの人がいる片側が乳がんになった子宮体がん、卵巣がんの既往長期間ホルモン補充治療を受けている多量のお酒を飲んでいるなど、このような方が...

高齢出産の場合、ガンの発症や赤ちゃんへの負担が高まると言われているので、子宮がんもリスクが高まるのでは?と思うのが普通です。しかし、南カルフォルニア大学ケック医学部の予防医学では、30代・40代で赤ちゃんを産んだ人は、子宮体ガンのリスクが下がるという研究結果を発表しています。30〜34歳で出産した場合は17%減少し、35〜39歳で出産した場合は32%減少し、40歳以上で出産した場合は44%もリスク...

「高齢出産=ダウン症」と思う方は多いようですが、高齢出産になると、ダウン症の確立が高まるということです。20代の発症率が0.1%未満なのに対し、35歳以降は0.3%になり、40歳以上になると1%にまで上がります。加齢は誰もが避けられない道で、その加齢に伴う卵子の損傷により、染色体異常を起こしてしまう可能性が高まってしまうのです。日本では、1000人に1人の割合でダウン症の子供が生まれる確立になって...

35歳以上の初産は、母子ともにリスクがあると言われていますが、2人目の場合になると、リスクは減るように感じます。2人目以降の出産であれば、35歳を過ぎていても高齢出産の対象として見られないケースは多く、初産ではなく経産婦だから問題ない!と思いがちですが、母体と身体的な負担が初産時に比べて少なくなるだけで、実は、初産でも経産婦でも、赤ちゃんの染色体異常や先天性異常・奇形のリスクは変わらないと言われて...