MENU

高齢初産のリミットって何歳ぐらい?

高齢での初産は、出産に伴うリスクや赤ちゃんに掛かる普段も高くなり、先天性異常や奇形、流産や早産の確立も高くなります。35歳から高齢出産と呼ばれていますが、卵子の機能が低下し始めるのは33歳からということをご存知でしょうか?

 

35歳までには出産したいと思っている女性は多いのですが、それは、35歳から高齢出産と呼ばれるからだと言われているようです。

 

高齢初産にリミットはあるのでしょうか?

 

40歳を過ぎても出産している方もいて、出産できなくはないのですが、自然分娩ではなく帝王切開になる可能性が高くなり、赤ちゃんへのリスクは高いままということは忘れてはいけません。

 

37歳〜38歳になると、さらに妊娠しずらくなるので、30〜35歳頃には初産を経験しておきたいところですね。

 

人それぞれ、事情があるとおもいますが、出産する年齢が早いと、母子ともにリスクや負担を抑えることができるのです。しかし、稀に、20代であっても難産・流産・帝王切開になる場合や赤ちゃんに異常が出る可能性があり、10人に1人以上が経験しているようです。

 

卵子は33歳から機能が低下するということを頭に入れて置き、自分や子供のためにも早い時期に出産計画を立てていくと良いと思います。