MENU

不妊治療は何歳でやめるべき!?

35歳の初産は、高齢出産で母子ともにリスクが掛かると言われています。

 

不妊治療を行っている方の中に、35歳前から始めているのに、なかなか妊娠できない方もいるようです。

 

不妊治療の引き際はいつなのでしょうか?

 

見た目の年齢は若く見えても、卵子の老化は変わらず年相応だと言われていますが、35歳で不妊治療を始め、39歳で諦める方もいれば、42歳まで治療を続ける方もいるので、実際のところ引き際の年齢はわかりません。

 

体外受精は3回〜4回までで、それ以降は妊娠率が下がると言われており、体外受精で結果が出なければ諦めるという方も多いです。

 

しかし、10回〜20回トライして妊娠できた方もいるので、自分が諦めようと思った時が引き際なのかもしれません。

 

女性であれば、希望を持って不妊治療を続けたいところですが、不妊治療を続けている最中に病気が発症してしまうリスクも少なくないようです。不妊治療の引き際は、人それぞれの環境や条件によって異なり、40歳を過ぎても治療を続けている方もいます。

 

自分が不妊であることに早く気づくためにも、妊娠や出産するタイミングは早めに計画しておく方が良いと思います。葉酸サプリ夫婦で飲むというのも不妊治療中には効果が期待できると思います。

 

子供を諦めることは、女性にとってとても辛いことです。子供を授かる幸せを手に入れるためにも、妊娠や出産の計画はしっかりと立てていくことが大切なのです。