MENU

35歳から不妊治療を始めても大丈夫?

35歳から高齢出産と言われると、35歳から不妊治療をするのは遅い気がし、不安な点が多くなってきそうです。

 

それでは、何歳くらいまでの妊娠が望ましいのでしょうか?

 

医学的には20代半ば〜後半が理想的だと考えられていて、年齢が高くなれば子育てをする体力的な面も大変になります。高齢出産は、経済的にゆとりがあるメリットがありますが、35歳で出産をしたとして、親の手を離れるのは60歳頃なので、体力的に辛くなるのがデメリットです。

 

卵子の老化は33歳から始まり、年々出産に伴うリスクも高くなるので、妊娠や出産は早い方が望ましく、不妊治療も若い方が理想的なのです。

 

しかし、いつ子供を持つのかは、人それぞれの結婚観や家族観に委ねられる部分です。若くて選択肢の幅があるうちに人生計画を考え、子供の人数やいつ妊娠・出産をするかなどを計画していくことも大切なことなのです。

 

35歳からの不妊治療は遅く、出産や赤ちゃんにかかるリスクは変わらず高くなりますが、
子供を持てる確立が0%ではないということです。医療が進んでいる現代でも、35歳を過ぎると妊娠しにくくなり、40歳を過ぎると妊娠は難しくなるようです。

 

不妊治療をするのであれば、35歳前から始めていくべきで、生活習慣も改善し、妊娠しやすい体にするための栄養管理も意識していくことも大切です。